アウトドア

国府津海岸でのショアジギング 釣果レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国府津海岸 ショアジギング サバ

国府津海岸 朝マヅメのショアジギングは大サバで締め

初夏と共に始まった私のホーム国府津海岸でのショアジギングシーズン。

時折イナダやサゴシを交えながら、毎回の様に飽きない程度に大サバがヒットしてきてくれ、十分に楽しむ事が出来ました。

10月中旬になって再び暑さが復活。

外海も台風で荒れ気味とあればまだまだチャンスがあるのではと考え、先週土曜の早朝、飽きずに行きつけの堤防に出掛けてきました。

車内には予めジグをセットしたタックルを常備しており、ポイントにエントリーすれば即釣りを始められます。この日も最寄の駐車スペースに車を置き、そそくさとタックルを組上げ堤防の先端に歩きます。

既に堤防のあちこちでロッドを振る鋭い音。

先行者に釣況を訊いてみるとまだ魚の群れは入ってきていないとの事。

私もオープンスペースを確保し早速ジグをキャストし始めます。

朝マヅメの釣りの醍醐味はやはり空けてゆく空と東の水平線に上る朝日との素晴らしいコントラストを正面に眺められる事。例え釣れなくともこの風景を見るだけで日頃のストレスが吹っ飛んでゆくものです。

ですがこの日は幸いな事に釣果も出す事が出来ました。

ちょうど日の出20分前からおよそ1時間の間に40センチオーバーの丸々太った大サバを4連発。十分に満足してポイントを後にしたのです。

(神奈川県 小田原市 釣りキチ五郎さん)


----------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*